GAMBA OSAKA MDP online

浦和レッズ 明治安田生命J1リーグ 第19節
2022.7.2 19:00 KICK OFF vs 浦和レッズ

PLAYER'S VOICE

PICKUP PLAYER

DF4 藤春廣輝「チームが勢いに乗るには『連勝』が不可欠。」

前節・サンフレッチェ広島戦は、球際、走力含めて、強度高く戦えたことで勝利を掴むことができました。1トップに入った一彩(坂本)がしっかりタメを作りつつ、サイドでボールを持った時にはいいタイミングで受けにきてくれたりしたことでうまく前線での時間を作れたし、枚数をかけた攻撃が実現できたと思っています。その中で前半のうちに2点のリードを奪えたことも、チームを落ち着かせる要素になりました。

僕自身は、61分からの出場になりましたが、基本的にチャンスだと思ったらリスクを冒してでも攻撃にいくことを心掛けていました。また、守備のところでも、相手の右サイドにいる藤井智也選手が広島の攻撃のキーマンだと思っていたので、彼に仕事をさせないことを意識していました。基本、僕はああいうチームのキーマンとなる選手との対峙はめちゃめちゃ燃えるし、やりがいも感じるのでマッチアップはすごく楽しかったし、前半の圭介(黒川)も含め、そこで上回れたことも大きかったのかなと思います。
欲を言えば、86分に僕の打ったシュートが決まっていればチームをかなり楽にできたんですけど、ポストに嫌われてしまい残念でした。ケガから復帰して試合を重ねてきたことでコンディションは万全の状態に戻っているので、数字でも貢献できるようにしていきたいです。
今節、対戦する浦和レッズは、足元の技術が高い選手が多く、ボール保持をしながら攻撃を仕掛けてくるチームという印象があります。展開的には相手がボールを持つ時間が長くなる可能性もありますが、そこに焦れずに対応しながら相手にボールを「持たせている」くらいの感覚で試合を進められたら理想かなと思っています。シュート、パスと何でもできる江坂任選手や、精度の高い左足を持つダヴィド モーベルグ選手など注意すべき選手はたくさんいますが、中でも気をつけたいのは、どのポジションでも特徴をフルに発揮してチームに貢献できる明本考浩選手です。彼らに仕事をさせないことは、イコール、浦和の勢いを削ぐことになると思うので、チームでしっかり対応できるようにしたいです。

昨今、パナソニックスタジアム吹田に足を運んでくださるお客さんが減っているのが個人的には気になっています。かつて満員のスタジアムでプレーする幸せを何度も経験してきたからこそ余計にそう感じます。そうしたスタジアムの雰囲気を取り戻すには、ゴールと勝利が必要だし、チームが勢いに乗るには『連勝』も不可欠です。今節もそこを全員で求めながら戦い、試合後にはスタジアム全体で喜びたいです。応援よろしくお願いします。

関連記事