GAMBA OSAKA MDP online

北海道コンサドーレ札幌 明治安田生命J1リーグ 第11節
2022.5.4 14:00 KICK OFF vs 北海道コンサドーレ札幌

PLAYER'S VOICE

PICKUP PLAYER

DF5 三浦弦太『勇気を持って新しいサッカーにチャレンジすることを続けながら結果を求めたい。』

ゴールデンウィークの最中、パナソニックスタジアム吹田に足を運んでいただいてありがとうございます。
この4試合、勝てていない現状を悔しく思っていますが、一方で時間の経過とともにチームとしての狙い、カタさん(片野坂知宏監督)のサッカーへの理解は少しずつ深まっていると感じています。試合ごとに相手の戦い方に応じて自分たちも変化しながら結果を求めている難しさもあって、形にするのに時間がかかってしまっている部分もありますが、すべての試合がうまくいっていないとは思っていません。
例えば、第3節・川崎フロンターレ戦のように自分たちの理想通りに進められた試合もあるし、勝てなかったとはいえ、時間帯によっては狙いとするサッカーができた試合もあります。そして、そんなふうに理想通りに戦えた試合、時間帯は共通してピッチにいる11人が怖がらずにしっかりと顔を出して、ボールの出し入れを行いながら、いい距離感、連動で戦えたという手応えもありました。
もっとも、今はまだそれを表現できている試合、時間帯が少ないですが、早いポジショニングと、ピッチにいる全員が(ボールを)出して動いて、というプレーをもっと細部までできるようになっていけば、自分たちのサッカーと呼べるものが確立されるはずだし、それは『やっていて楽しいサッカー』『観ていて面白いサッカー』につながっていくんじゃないかとも思います。だからこそ、今は我慢強く、勇気を持って新しいサッカーにチャレンジすることを続けていきたいし、同時に、勝つことが今のサッカーへの自信をより深めてくれると考えても、引き続き、結果への執着もしっかり持って戦っていきたいと思います。
今節対戦するコンサドーレ札幌は、ビルドアップがうまく、特徴のある選手が多いチームという印象です。後方からの一発のキックでチャンスを作り出せる選手もいるし、大きな展開からのクロスボールにも注意が必要です。また、前線からアグレッシブにボールを奪いにくるのも特徴だと思います。そんなふうに、前から来る相手をポジショニングやボールの動かし方で一つ剥がせれば、自分たちがチャンスを見出せるシーンも増えるはずです。そのためにも、ボールを持っている選手がその判断をしっかりやることと、ボールを持っていない選手がいかに味方の選択肢を増やすポジショニングをとれるかが大事になってくると思っています。また気持ちの部分でも「相手がめっちゃ前からきている」ではなく「きてくれているから、こうしよう」というくらいの感覚で思い切ってプレーできれば、自分たちの流れに持ち込めるんじゃないかとも思っています。

今週はホームでの2連戦で、ここを連勝できればチームとしても勢いに乗っていけると思うので、まずはその1つ目、今日の札幌戦をしっかり勝って、次につなげたいです。応援よろしくお願いします。

関連記事