GAMBA OSAKA MDP online

ベガルタ仙台 明治安田生命J1リーグ第28節
2021.9.12 18:30 KICK OFF vs ベガルタ仙台

MATCH

HIGHLIGHT

勝利のポイントは攻撃陣。攻守両面でアタッカー陣が勝利の鍵を握る

ガンバにとって勝点3がマストとなる仙台戦だが、敗れれば最下位転落の可能性がある仙台もまた、背水の陣に近い形でパナソニックスタジアム吹田に乗り込んでくる。
直近のリーグ戦11試合で勝利がなく、とりわけ東京五輪による中断期間後は2分け4敗。現在3連敗中の仙台だが、守備陣が決して大崩れしているわけではない。

「横浜F・マリノス戦は0対5だったが他の試合は1点差も多いし、手倉森監督の経験値も高い。ワールドカップ予選の間に試合がなかったので修正してくる時間、対策して来る時間もあったと思うので、我々にとっても厳しい試合になる」と松波監督も話すが、仙台は手堅いブロックを形成し、速攻に活路を見出して来るはずだ。
前節は事実上の5バックで自陣にブロックを形成した仙台だが、今節は従来ベースとしてきた4バックに回帰する可能性が濃厚。そんな仙台の守備陣でやはり最もやっかいな相手となりそうなのが、元ポーランド代表の守護神スウォビィクである。
「拮抗した試合になると思うし、最初はお互いに出方を見るような展開になると思うが、相手もいいGKがいるので簡単に得点はできない。そういう中でセットプレーは大事になる」と東口。実際、0対1で勝ち切ったアウェイの仙台戦も拮抗した試合展開だった。
攻守の素早い切り替えの速さを前面に押し出して来る仙台だが、ガンバもまた仙台戦ではショートカウンターの鋭さが問われることになる。15連戦にピリオドを打ったものの、昌子やヨングォン、セジョンはワールドカップアジア最終予選から合流したばかりで、選手にコンディションのばらつきがあるのは事実である。

「連戦中で強度は落ちていたのもあるし、良い守備が出来ていない」と東口はチームの課題を口にしたが、松波監督が求めるのはやはり奪ってからの素早い攻めである。
まだ疲労が100%抜け切っているわけではないガンバだけに90分間、終始プレスを敢行するのは不可能だが、要所ではやはり、鋭くプレスをかけて攻撃へのスイッチを入れたい。
とりわけ松波監督が期待を寄せるのは宇佐美の一撃だ。今季奪った3得点は全て決勝点で、チームを救っている宇佐美だが「宇佐美がもっと得点に絡むようなシチュエーションを作って欲しい。チャンスメイクはしているが、自ら得点を取りに行く姿勢を出してくれば他の選手にも刺激になるし、マークも軽減される」と指揮官は言う。

パトリックやレアンドロ ペレイラ、宇佐美ら確固たるストロングポイントを持つ前線のアタッカーの力で、仙台のブロックをこじ開けたい。

G大阪 vs 仙台 過去5シーズンのリーグ戦対戦成績

513
14得点12失点
対戦成績
2017 7/1(土) ユアスタ
第17節
3-2
Win
10/29(日) 吹田S
第31節
1-1
Draw
2018 5/2(水) 吹田S
第12節
1-0
Win
8/19(日) ユアスタ
第23節
1-2
Lose
2019 4/28(日) ユアスタ
第9節
1-2
Lose
11/23(土・祝) パナスタ
第32節
2-0
Win
2020 9/5(土) ユアスタ
第14節
4-1
Win
11/14(土) パナスタ
第27節
0-4
Lose
2021 8/3(火) ユアスタ
第5節
1-0
Win
 

関連記事